masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

阿蘇山の火山活動 再び臨時情報

10月22日 17時43分
阿蘇山は21日夕方から火山活動が高まり、気象台は22日夕方、臨時の解説情報を引き続き発表して警戒を呼びかけています。

f:id:masami71:20191023122902j:plain

福岡管区気象台が発表した臨時の解説情報によりますと、阿蘇山の中岳第一火口では、地下の熱水やマグマの動きを示すとされる火山性微動の振幅が、21日夕方から1分間の平均で3.5マイクロメートルを超え、22日も3.0マイクロメートル程度の大きい状態が続いています。
また、火山性地震の回数も引き続き多い状態で推移しています。
気象庁が22日行った現地調査では、1日当たりの火山ガスの放出量が3600トンと非常に多い状態が続いていたということです。
噴火警戒レベルは、レベル2を継続していますが、気象台は、今後、さらに火山活動が活発になれば、入山規制を示す噴火警戒レベル3に引き上げる可能性もあるとして、火口からおおむね1キロの範囲では大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。