masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

五家荘の紅葉進む

11月08日 14時57分
県内の紅葉の名所の1つ、八代市泉町の五家荘一帯では、木々が赤く色づき、訪れる人たちの目を楽しませています。
五家荘は、平安時代に源氏との合戦で敗れた平家の落人が隠れ住んだと言い伝えられている山深い地域で、毎年、多くの観光客が訪れる紅葉の名所です。

f:id:masami71:20191110155935j:plain

その五家荘一帯では、例年より10日ほど遅い、先月末ごろから、カエデやブナなどの葉の色づきが進み、見頃を迎えた場所が出てきました。
このうち、葉木地区にある「梅の木轟の吊り橋」のまわりはちょうど見頃となっていて、深い渓谷の間に架けられた、長さおよそ120メートルの橋を渡りながら、目の前に広がる紅葉のパノラマをながめることができる、絶好の鑑賞スポットとなっています。
吊り橋を渡って300メートルほど歩いた先にある、「梅の木轟の滝」の周辺では、落差38メートルの滝が轟音とともに激しく流れ落ちる風景を楽しむことができます。
八代市役所泉支所では、今月20日ごろまでは紅葉を楽しめるということです。
鹿児島県霧島市から、夫とともに訪れた、50代の女性は「青空と赤や黄色の紅葉のコントラストがとてもきれいで、最高の眺めですね。来てよかったです。」と話していました。