masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本城の大イチョウ、もうすぐ見頃

熊本城の大イチョウ、もうすぐ見頃 地震後初公開

2019/11/24 21:00 (JST)
©株式会社熊本日日新聞社
熊本市中央区の熊本城で、城の別名「銀杏城[ぎんなんじょう]」の由縁とされる天守閣前広場の大[おお]イチョウが色づき始めている。

f:id:masami71:20191125125931j:plain

24日の特別公開に訪れた市民や観光客らは、4年ぶりに間近で見られる城とイチョウコントラストをカメラやスマートフォンに収めていた。
加藤清正のお手植え」と伝わる大イチョウは、高さ約21メートル、根元付近の周囲は約6メートル。1877(明治10)年の西南戦争で焼失したものの再び芽吹き、大きく成長した。
イチョウはここ1週間ほどで色づき始め、現在は部分的に緑色が残っている状態。
雨の中、城を訪れた山口県萩市の公務員の女性(48)は「熊本城は何度か来たことがあり、このイチョウが印象的だった。やっと城内で見られてよかった」と話していた。
市熊本城総合事務所は「次の特別公開日にあたる12月1日が見頃。
ぜひ直接見て、楽しんでほしい」と呼び掛けている。(飛松佐和子)