masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

イチゴ出荷、聖夜の足音 阿蘇市のJA選果場

2019/12/11 6:00   西日本新聞 熊本版 佐藤 倫之 
カンボジアからの労働者(手前)の応援も得て、イチゴの出荷作業に精を出す阿蘇市のJA選果場
クリスマスを控え、阿蘇市のJA選果場でハウス栽培のイチゴの出荷作業が本格化している。

f:id:masami71:20191212124941j:plain

県内で八代、玉名地区などに次ぐ産地の同市では、ハウス農家44戸が計11ヘクタールで栽培している。
7日の出荷作業には約40人が当たり、そのうち5人は外国人労働者
粒の大きさや形を見計らいながら、丁寧にパックに詰めていた。
選果作業には人手を要し、3年前の熊本地震後、人手不足が深刻化。
外国人労働者の受け入れ拡大に向けた改正出入国管理法の4月施行を受け、JA阿蘇では10月、外国人労働者向けの宿舎を整備し、繁忙期の要員不足を解消した。
イチゴ生産者部会長の大津裕樹さん(41)方でも、9年前から外国人労働者を受け入れ、現在はカンボジアから来た4人の応援を得て、「恋みのり」などを出荷しているという。
「最初は通訳を見つけるにも苦労したが、経験を積んだリーダーが育ち、作業ノウハウを伝え、うまく分業できるようになった」と話していた。(佐藤倫之)