masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

のり日本一高値を熊本市長に報告

01月23日 17時10分 NHK
12月開かれた養殖のりの秋芽摘みの入札会で、熊本市で作られたのりが全国で最も高い値段で落札されました。
これは4年連続のことで、23日、熊本市の漁業協同組合の関係者が熊本市の大西一史市長に報告しました。

f:id:masami71:20200125140040j:plain

4年連続日本一の高値で落札されたのは、熊本市西区の河内漁業協同組合が有明海沿岸で生産した「塩屋一番特等級」で、熊本県の平均のおよそ10倍で過去最高額となる1枚186円で落札されました。
23日は生産した岩嵜勝治さんが熊本市役所を訪れ、4年連続の高値落札を報告するとともに大西市長に焼きのりを贈りました。
大西市長はのりを試食し「パリパリで、香りと味が深くておいしい」と味わい、岩嵜さんを「有明海ののりの評価が高いとはいえ、その中でも一番はすごい。これまで努力してきた成果だと思います」とねぎらっていました。
受賞した「塩屋一番特等級」はうまみのもととなるタンパク質が通常よりも多い50%以上で柔らかく、香りが高い点が評価されたということです。
生産者の岩嵜勝治さんは、「家族みんなで一生懸命頑張ったかいがあった。だんだんと販路が広がっているので、おいしい海苔をこどもたちなどいろんな人に食べてほしい」と話していました。