masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

政府 水際対策に全力 チャーター機第4便は6日夜にも派遣へ

2020年2月6日 5時26分新型肺炎 NHK
クルーズ船で新型コロナウイルスの集団感染が発生したことを受け、政府は、乗客乗員全員を2週間程度、船内にとどめる異例の措置に踏み切るなど、水際対策に全力をあげる方針です。

f:id:masami71:20200206143402j:plain

一方、中国 湖北省から帰国を希望している人たちのため6日夜にも、
チャーター機の第4便を派遣することにしています。

横浜港沖に停泊していたクルーズ船で、5日、乗客乗員のうち10人が
ウイルスに感染していたことが確認されました。

政府は、この事態を重く受け止め、ほかの乗客乗員およそ3700人を、
検疫法に基づき、原則として14日間、船内にとどめる異例の措置に踏み切るなど、水際対策に全力をあげる方針です。
また、船内では、持病の薬が足りなくなるなど、待機の長期化に不安が広がっていることから、医師や看護師を派遣したり、マスクや医薬品などの必要な物資を支給したりして、船にとどまる人の健康面のケアにも万全を期すことにしています。

一方、政府は、中国の湖北省から帰国を希望して残っている人たちのため、6日夜にも、チャーター機の第4便を派遣することにしています。

外務省によりますと、第4便には、日本人の希望者130人余りのほか、中国籍の配偶者など日本人と関係のある60人余りも、人道的観点から搭乗できるようにする方向で、中国側と調整を進めています。

また、チャーター機で帰国した人たちの施設での滞在期間について、ウイルスの潜伏期間に関するWHO=世界保健機関の知見を踏まえ、当初の14日間から10日間に短縮しましたが、WHOの知見が最長で12.5日に再び変更されたことから、改めて検討することにしています。