masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

春招く待望の炎 阿蘇市で一斉野焼き

2020/3/21 21:00 (JST)   ©株式会社熊本日日新聞社
阿蘇五岳北側斜面で行われた野焼きで勢い良く燃え広がる炎。奥は米塚=21日、阿蘇市

f:id:masami71:20200322145600j:plain

広大な阿蘇の草原に芽吹きを促す一斉野焼きが21日、熊本県阿蘇市一帯であり、晴天のなか勢い良く炎が走り、枯れ草の山肌が真っ黒に“衣替え”した。
当初、北外輪山(広さ約6300ヘクタール)と阿蘇五岳北側斜面(同2600ヘクタール)で2月末から順次取り組む予定だったが、雨や強風で5度延期し、この日同時に実施。
牧野や原野を管理する計約50団体が連携して行い、公益財団法人阿蘇グリーンストックが派遣するボランティア約130人が14団体を支援した。
五岳北側の永草地区では、入会権を持つ48人が参加。
午前9時ごろ点火すると、炎がうなりを上げて燃え広がり、「バチバチ」と激しい音とともに米塚の頂上目掛けて駆け上がった。島川和也区長(68)は「好条件で、例年よりきれいに焼けた」と満足していた。
これとは別に県主体で行う草千里の野焼きは、26日に行われる予定。(東誉晃)