masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

長野県北部地震  住宅34棟全壊 25棟余被害

22日夜10時8分ごろ長野県北部で地震があり、長野市と小谷村、小川村で震度6弱の激しい揺れを観測したほか、白馬村信濃町震度5強を観測しました。
また、長野県の中野市大町市飯綱町新潟県糸魚川市妙高市震度5弱の揺れを観測しました。
長野県筑北村では震度計が点検中だったため情報が入っていませんが、震度5弱の揺れだったと推定されるということです。
さらに、長野県松本市新潟県柏崎市、それに石川県輪島市などで震度4を観測し、東北から中国地方にかけての広い範囲で震度3から1の揺れを観測しました。
震源地は長野県北部で震源の深さは10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.8と推定されています。
長野県北部ではその後も余震が相次ぎ、このうち22日夜10時37分ごろに起きた地震では、長野県小谷村で震度5弱の揺れを観測しました。

長野県の災害対策本部が23日午後2時半現在でまとめたところによりますと、今回の地震で長野県内で全壊した住宅は白馬村で30棟、小谷村で4棟の合わせて34棟に上っています。
また、半壊した住宅は小谷村で20棟、一部が壊れた住宅が中野市松本市で合わせて5棟となっています。
このほかにも白馬村などで倉庫や住宅に被害が出ているということで、確認を進めています。

避難指示で白馬村住民避難

長野県白馬村の野平地区で道路の一部が崩れ、孤立するおそれがあるとして避難指示が出されたことを受けて、住民たちは23日昼過ぎから避難を始めました。
22日夜の地震白馬村の野平地区は村の中心部につながる道路の一部が斜面ともに崩れています。
白馬村は今後、道路の状況がさらに悪化すれば通行できなくなって、住民が孤立するおそれがあるとして、23日午後0時25分、野平地区の18世帯、およそ50人に避難指示を出しました。
これを受けて午後1時半ごろから野平地区の高齢者などが村が用意したマイクロバスに乗り込んで避難を始めました。
ほかの住民も自家用車に生活用品や家財道具などを載せて村役場の隣にある避難所に向かいました。
野平地区に住む30代の女性は「避難は大変ですが、子どもたちの安全が第一なので避難所に行くことにしました」と話していました。
また、白馬村は村内の青鬼地区につながる道路のひび割れが午前中より広がり、今後地区で停電したり孤立したりするおそれがあるとして、23日午後2時25分、青鬼地区の7世帯10人に避難指示を出しました。