masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本県 山間部中心に積雪 凍結

きょう(6日)の熊本県は冬型の気圧配置に伴い上空に強い寒気が流れ込んだ影響で、各地でこの冬一番の冷え込みとなりました。
県内は大雪のおそれはなくなりましたが、気象台は路面の凍結などに注意するよう呼びかけています。
気象台によりますと、九州北部地方は冬型の気圧配置となり上空に氷点下30度以下の強い寒気が流れ込んだ影響で、県内でも山間部を中心に雪が降りました。
午前11時の積雪は阿蘇山で2センチとなっています。
また、朝の最低気温は、阿蘇市乙姫で氷点下1度5分、高森町で氷点下1度5分、菊池市で氷点下1度3分、熊本市で2度などと、各地でこの冬一番の冷え込みとなりました。
日中の最高気温も、阿蘇市乙姫で4度4分、熊本市で8度9分、高森町で2.度7分、菊池市で7度4分などと、平年より4度から7度低くなりました。
熊本市西区金峰山では平年より39日早い初冠雪を観測しました。

また、強い寒気の影響で、日本海側を中心に広い範囲で雪が降り、山沿いでは積雪が増えています。
北陸や北日本などでは7日にかけて雪が降り続く見込みです。
上空に強い寒気が南下しているため、西日本から北日本にかけての日本海側を中心に雪が降り、北陸や東北、岐阜県、長野県などの山沿いではこの24時間に降った雪の量がおよそ50センチから70センチに達しています。
午前11時の積雪は、山形県大蔵村肘折で1メートル4センチ、福井県大野市九頭竜で89センチ、広島県北広島町の八幡で85センチ、長野県小谷村で53センチ、新潟県十日町市で37センチなどとなっています。
名古屋市岐阜市滋賀県彦根市、それに佐賀市では平年より1週間から2週間早く初雪を観測しました。
全国的に冷え込みも厳しく、6日朝の最低気温は北海道のオホーツク海側の枝幸町歌登で氷点下19度2分、仙台市で氷点下2度6分、新潟市で氷点下0度6分、広島市で1度ちょうど、東京の都心で1度7分などと、5日より2度から4度ほど低くなりました。
また、6日朝早く、岐阜県郡上市東海北陸自動車道の下り線で、道路に積もった雪の影響で大型トラックが動けなくなり、後ろを走っていた大型バスなど合わせて10台以上の車が立往生しました。