masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

新型糖尿病薬服用、10人死亡

朝日新聞デジタル 1月9日(金)5時32分配信

昨年11月9日にブログに書きましたけど、 私は新型の糖尿病治療薬「スーグラ」を服用してます。
この薬を飲みますと、とにかくのどが渇きます。
それに、朝起きます時は、とても疲れた気分になります。
たぶん、軽い低血糖になるのでしょう。
新糖尿病治療薬の副作用報告がありました。
昨年4月以降に相次いで発売された新型の糖尿病治療薬を服用した患者10人が死亡していたことが、各製薬会社による副作用調査でわかった。
因果関係は必ずしも明確でないが、脱水症を招き死亡につながったとみられる事例もあった。
厚生労働省は適切な使用を呼びかけるため、添付文書を改訂するよう各社に指示する方針。
新薬は「SGLT2阻害薬」で、生活習慣が原因で患者数が多い2型糖尿病が対象。

昨年4月以降、国内で6製品が販売され、専門家によると10万人以上が服用していると推定される。
朝日新聞が各社の調査を集計したところ、約3700人で約4800件の副作用報告があった。
うち重篤なものは皮膚障害、尿路感染症、脱水症など630件で、10人が死亡していた。
副作用報告は因果関係にかかわらず幅広く届けられる。
腎臓には血液から尿に出た糖を、栄養分として再び取り込む働きがあるが、新薬はその働きを妨げて排出につなげる。
成人は1日1回飲む。 従来の薬は、血糖値を下げるホルモン「インスリン」の働きを強めたり、分泌量を増やしたりする効果があるが、 糖が細胞に入って体重を増やしたり、血糖値を下げすぎたりする場合がある。
新薬は糖を体外に出すので、 血糖値の調節機能も保たれ、こうした問題は起きにくいという。