masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

教諭の飲酒運転が多い?

今朝はすっきりと晴れてなく、曇った晴れたお天気です。
熊本市の最低気温は12.4度と寒くもない朝でした。
県下、阿蘇市で6.1度、南小国で4.0度、あさぎり町で10.7度で、菊池市で8.6度でした。
さて、福岡市は元職員が飲酒運転で子供を死なせる事件以来、公務員の飲酒運転にはきびしく指導してたのに、今度は教諭が飲酒運転したとは。
福岡県警中央署は20日酒気帯び運転の疑いで、福岡市東区在住で福岡市立長丘中学校教諭、石川英孝容疑者(39)を逮捕したと発表しました。
逮捕容疑は20日午前4時25分ごろ、福岡市中央区神の国道で、巡回中のパトカーが、尾灯が消えている車を発見。
運転してた石川容疑者の呼気を調べると、基準値を上回るアルコールが検出されたとのことです。
中央署によると、石川容疑者は19日午後8時半ごろまで酒を飲んでいたと話しており、容疑を認めているそうです。
石川容疑者は理科の教諭で3年生の担任をしており、福岡市教育委員会の酒井龍彦教育長は「市をあげて飲酒運転撲滅に取り組んでいるにもかかわらず、このような事件を起こしたことは極めて遺憾だ。生徒、保護者をはじめ、市民の皆様に深くおわびし、早急に事実関係の把握に努め、厳正に対処します」とするコメントを出しました。
また、酒を飲んで乗用車を運転したとして、奈良県警天理署は20日に道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で、奈良市に住む県立高校教諭(54)を現行犯逮捕した。
「家で飲んだあとで、病院に行く途中だった」と容疑を認めている。
逮捕容疑は、20日午後6時50分ごろ、酒に酔った状態で、天理市柳本町の国道169号で乗用車を運転したとしている。
この教諭は、信号で右折待ちをしていた軽乗用車に追突。通報で駆けつけた署員が酒の匂いに気づいた。
また、神奈川県警港北署は7日、横浜市港北区日吉本町横浜国立大学教授田川泰久容疑者(61)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。
発表によると、田川容疑者は7日午後3時55分頃、同区綱島西の市道交差点で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転し、左折した際に信号待ちをしていた同市都筑区の女性(47)の乗用車に衝突して女性の首に軽傷を負わせた疑い。
駆けつけた同署員が、田川容疑者を調べたところ、呼気から基準を超えるアルコールが検知され、「間違いない」と容疑を認めているという。