masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

万田坑と三角西港世界遺産へ

今日の熊本市は、曇り空で湿度が高く蒸します。
昨日お昼から降ってた雨は、深夜まで降ってて朝方には止んでました。
熊本市の最低気温は21.4度で、菊池で21.1度、人吉市で20.7度で、南小国で18.9度、阿蘇市乙姫で18.5度にした。
きょうは七夕ですけど、夜空の天の川はみえないでしょうね。
子供の頃、父が軒まで届く笹を持ってきてくれました。
ユネスコ世界遺産委員会で日本時間5日夜、三池炭鉱と三角西港を含む「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産への登録が決まりました。
韓国が反発してましたけど、ひとつには多分韓国民に対する都合があるからでしょう。
荒尾と宇城両市のパブリックビューイングの会場は喜びに包まれました。
ユネスコ世界遺産委員会は「明治日本の産業革命遺産」について、西洋で起きた産業化が非西洋国家の日本に伝わり、初めて成功した例として歴史的な価値を認め、世界遺産に登録することを決めました。

構成資産の三池炭鉱の万田坑がある荒尾市パブリックビューイングの会場では、5日夜10時半すぎに登録決定が伝えられると、会場で見守っていたおよそ250人から拍手がわき起こりました。
荒尾市の山下慶一郎市長は、「世界遺産への登録が決まり感謝感激です。この遺産をきちんと管理し地域のために生かしていきたい」と述べました。


一方、宇城市三角西港の会場では、およそ140人が詰めかけ、登録決定を喜び、「世界遺産登録、おめでとう」と万歳をしたり、くす玉を割って喜びを分かち合いました。
宇城市の観光物産協会のボランティアガイドの斉藤万芳さんは
「喜ばしいのと同時に次の世代に継承していく責任も感じています。世界の宝物になるだけに、ガイドもレベルアップを図りたい」と話していました。
私個人としては、世界遺産よりは静かに観光したいですね。