masami71の日記

熊本市在住の69歳の年金暮らしです

優雅に25万本 「天草花しょうぶ祭り」開幕

25万本の花しょうぶやアヤメが見ごろを迎えるのにあわせて、天草市の公園では、花しょうぶ祭りが開かれています。

天草市本渡町の「西の久保公園」には、棚田だった地形をいかした広さおよそ5千平方メートルのしょうぶ園に、花しょうぶやアヤメ、25万本が植えられ、毎年、花の見ごろに合わせて「天草花しょうぶ祭り」が開かれています。
ことしは今月中旬に白や紫の花が咲き始め、現在3分咲きほどで、訪れた人たちは遊歩道から花を眺めたり、園内の茶室でたてたお茶を味わいながら楽しんだりすることができます。


市や観光団体などでつくる実行委員会主催の毎年恒例のイベント。ハナショウブは、棚田を生かした園内の約0・5ヘクタールに植えられており3分咲き。6月4、5日ごろに満開を迎えそうという。
ステージイベントでは、苓明・天草拓心高の郷土芸能部などがハイヤ踊りを披露。


呼び物の園内での道中踊りは雨で中止となった。
ハイヤ踊りは6月4、5日も予定。祭り期間中、地元の特産品などが並ぶ出店もある。(酒森希)
また園内には、熊本地震の復興に役立ててもらおうと募金箱が設置されているほか、来月5日の祭りの最終日には鉢物の「せり」を行い、売り上げの全額を復興支援に充てるということです。
祭りの実行委員長の明瀬実さんは「ことしの花しょうぶは花芽が大きく、数も多くなっていて、来月4日、5日頃が見ごろになるかと思います。たくさんの方に見に来ていただき、安らぎや癒やしを感じていただければと思っています」と話していました。