masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

震災1ヶ月半自衛隊活動終了へ

30日の熊本県は高気圧に覆われて、熊本市などで30度以上の真夏日となるなど各地で気温が高くなりました。
各地の最高気温は熊本市で30度6分、玉名市で30度5分と30度以上の真夏日となっているほか、山鹿市あさぎり町で29度9分などと25度以上の夏日となりました。
また、益城で28度4分、南阿蘇で28度4分となりました。
一連の熊本地震では、きょうは震度1か2の地震が7回起きただけで、かなり活動が落ち着きました。

さて、熊本県では、自衛隊災害派遣を30日で終了することにし、地震から1か月半で自衛隊の活動が終わることになりました。
熊本県では熊本地震が起きた4月14日に自衛隊災害派遣要請を行い、自衛隊は、もっとも多いときでおよそ2万6000人態勢で救助活動や行方不明者の捜索、それに給水や入浴支援といった生活支援にあたってきました。
その後、今月9日からは規模を縮小して陸上自衛隊を中心とした1万3000人態勢となっていました。
熊本県によりますと、これまでに水道やガスなどの復旧が進んで自衛隊による生活支援への要望が減ってきたことから、県では自衛隊への災害派遣要請をあす30日で終了することにし、自衛隊の活動は地震発生から1か月半で終わることになりました。
熊本県などによりますと、自衛隊熊本県への災害派遣は、熊本市益城町など20の市町村に及びました。
人数は29日までにのべ凡そ80万人にのぼりました。