masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

ファーストクイーン 収穫始まる

10月10日 13時34分
八代市で、特産品のかんきつ類「ファーストクイーン」の収穫が始まりました。
ファーストクイーン」はタイ原産のザボン類の早生品種で、八代市奈良木町の生産者8軒からなるグループ、「ファーストクイーンクラブ」が栽培しています。
10日から収穫が始まり、会長の佐竹勝則さんの広さ12アールのハウスでは、朝から作業に追われていました。


佐竹さんは、直径およそ17センチ、重さが1.5キロほどに育った黄緑色の実を、はさみを使って次々に摘み取っていきました。
佐竹さんによりますと、ことしは冬場の冷え込みがそれほど厳しくなかったこともあり、糖度が10度から11度の、甘みと酸味のバランスが非常によい出来になったということで、2万玉から2万5000玉の収穫を見込んでいるということです。
収穫された「ファーストクイーン」は、県内各地に向けて出荷され、1玉400円から500円で販売されるということです。
佐竹さんは「おいしいファーストクイーンができました。
価格も手ごろなので多くの方にぜひ召し上がって頂きたいです」と話していました。
ファーストクイーン」の収穫は、「ハウス物」は今月いっぱいまで、「露地物」は来月中旬から12月いっぱい行われる予定となっています。