masami71の日記

熊本市在住の69歳の年金暮らしです

ヒオウギガイの出荷が最盛期

2017年12月01日 12:19 現在
天草郡苓北町では色鮮やかな貝殻が特徴の「ヒオウギガイ」の出荷が最盛期を迎えています。


色鮮やかなヒオウギガイは黄色や赤、紫など鮮やかな5色の2枚貝で日本沿岸の暖かい岩礁で生息しています。
苓北町の福島水産では富岡湾の沖合で1年半イカダに吊るして直径9センチ前後に生長したものを箱詰めし、鮮度を保つため無菌の海水と酸素を入れて出荷しています。


今年は台風で海水がかき混ぜられエサとなるプランクトンが豊富だったことから身が膨らんでいて、歯ごたえがあり、貝柱の刺身やバター焼き、鍋の食材としてもおすすめだということです。
ヒオウギガイ」は色の鮮やかさから贈答用として人気があり、年内はおよそ10トンが全国各地に出荷される予定です。