masami71の日記

熊本市在住の69歳の年金暮らしです

市街地近くの江津湖にヤマセミ

02月08日 16時50分
山間部の渓流に住んでいる野鳥で警戒心が強い「ヤマセミ」が、市街地に近い熊本市江津湖で姿を見せ、人々を楽しませています。
ヤマセミは体長40センチ近くあり、白と黒のまだら模様と、頭に冠のような長い羽が生えているのが特徴です。


主に山間部の渓流で暮らし、川に飛び込み魚を捕らえます。
警戒心が強く人目に触れることがほとんどないヤマセミですが、熊本市東区にある江津湖では、先月下旬からほぼ毎日姿が確認されています。
近くには国道が通り、車や人が行き交う中でも、ヤマセミは枝に止まって毛繕いをしたり、水の中に飛び込んで魚を捕らえたりしていました。
湖畔にはヤマセミの姿を写真に収めようと、連日大勢の人たちが訪れています。
江津湖を管理する水前寺江津湖公園サービスセンターの尾崎友信副所長は「ヤマセミを見たのは初めてです。
街の中なので非常に珍しいと思いますし、警戒心が強いと聞いているので近くで見られるのはすごいことだと思います。」と話していました。