masami71の日記

熊本市在住の69歳の年金暮らしです

野菜の高値続く 白菜・キャベツは平年の2倍以上

2月21日 16時59分
先週の野菜の小売価格は「白菜」や「キャベツ」などが前の週よりも値上がりして、
平年の2倍以上となるなど高値が続いています。
農林水産省は「白菜」や「キャベツ」など5種類の野菜について、スーパーなど全国470店舗の小売価格を調査して、毎週公表しています。
それによりますと、先週の全国平均の小売価格は、いずれも1キロ当たりで「白菜」が381円と前の週より9%上昇し、平年の2.3倍に、「キャベツ」は417円で前の週より17%上昇し、平年の2.2倍となりました。
また「大根」は323円で前の週より13%上昇し、平年の2.1倍に、「レタス」は1052円と前の週より12%上昇し、平年の1.8倍となりました。
 

一方、「トマト」は700円で前の週より2%下落し、ほぼ平年並みでした。
白菜やキャベツなどで高値が続いているのは、去年秋の台風21号やその後の低温の影響で、出荷量が少なくなっていることが主な要因です。
農林水産省は「来月には多くの野菜が平年並みの価格に戻ると見込んでいるが、このまま低温が続けば出荷量の回復が想定より遅れるおそれがあり、状況を注視している」