masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

「パルコ、ありがとう!」 33年の歴史に幕

クロくま編集部2020-03-07 12:00
熊本パルコ
最終営業日の熊本パルコ=2020年2月29日、熊本市中央区
熊本市中央区のファッションビル「熊本パルコ」が2020年2月29日、閉店しました。

f:id:masami71:20200309131353j:plain

営業終了後に予定されていた閉館セレモニーは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止になりましたが、若者らが最後まで買い物を楽しみ、閉店を惜しみました。
熊本パルコの最終営業日の様子と、今後の動きをまとめました。
(取材=山本文子、丸山伸太郎記者 撮影=小野宏明、後藤仁孝記者)

※2020年2月29日~3月2日付掲載の熊日朝刊の記事を再構成しました。

f:id:masami71:20200309131433j:plain

開店前から行列 最後まで惜しむ声
熊本パルコ閉店の限定手拭いを受け取ろうと行列をつくる人たち
最終日の2月29日は午前10時の開店前から約250人の行列ができました。
熊本パルコの社員2人が店頭で「33年間、ありがとう」の文字などがプリントされた手拭いを500人に手渡しました。
営業を終えた午後8時過ぎ、同店の社員9人全員が店頭で「ありがとうございました」と頭を下げながら声を張り上げると、下通アーケードに集まった若者らから「パルコ、ありがとう!」との声が飛び、拍手が起きました。

既存ビルは建て替え 2023年春に完成予定

f:id:masami71:20200309131603j:plain

最後の営業が終わり、屋上などのネオンサインが消えた熊本パルコ
これから熊本パルコはどうなるのでしょうか。
このまま撤退というわけではないようです。
パルコ(東京)はビルを所有する三陽(熊本市)と建て替え後のビルについて商業施設の展開を検討するとした合意文書を交わしており、既存店の建て替えが実現すればパルコでは初のケースとなります。
閉店に伴い、同店の社員9人は配置転換。
テナントの従業員約400人についてはテナントごとに他店舗への異動などの対応を取るということです。

閉店後の2020年4月からは、解体工事が始まる予定です。
新しいビルの完成目標は2023年春。それまでの3年程度、熊本市中心部の一等地に“空白地”が生じます。
建て替え中は、「若年層の来街者が一時的に減る可能性がある」と懸念する経済関係者もいます。

f:id:masami71:20200309131726j:plain