masami71の日記

熊本市在住の69歳の年金暮らしです

熊本城小天守 4年ぶりに姿現す

08月07日 16時39分
熊本地震で被害を受け、一部を造り直す工事が進められていた熊本城の小天守で、足場を解体する作業が7日から始まり、大天守と並んだ被災前の姿を4年ぶりに現しました。

f:id:masami71:20200807214307j:plain

熊本城の小天守は、4年前の熊本地震で屋根が破損したほか、地震後の調査で今の耐震診断基準を満たしていないことがわかり、熊本市は最上階の4階を解体して、造り直す工事を進めていました。
4階の外観部分の工事が、ほぼ終わったことから、7日から周囲の足場を撤去する作業が始まり、作業員が鉄骨や板を外し、クレーンで地上に降ろしていました。
天守閣の前にある広場からは、外観の復旧が終わった大天守と並んだ小天守の姿が4年ぶりに見えるようになり、訪れた人たちが写真を撮っていました。
熊本城の小天守は、大天守とともに、来年の3月までには復旧工事が終わり、春には一般に公開される予定です。
熊本城総合事務所の津曲俊博首席審議員は「被災地の復旧は、これからも続く。地震の被害から立ち上がっている熊本城を見ていただき、勇気を出して前に進んでほしい」と話していました。