masami71の日記

熊本市在住の70歳の年金暮らしです

風流島と夕日、神々しく 熊本県宇土市の住吉町沖

2021/11/20 11:47 (JST)
© 株式会社熊本日日新聞社

夕日と重なり、シルエットになって浮かび上がった風流島=19日午後5時ごろ、熊本市南区海路口町の緑川河口から撮影

f:id:masami71:20211121174550j:plain

熊本県宇土市住吉町沖に浮かぶ風流[たわれ]島(通称・たばこ島)と夕日が重なる光景が19日、熊本市南区海路口町の緑川河口で望めた。
午後5時すぎ、沈み行く太陽が島と重なると、島や頂上にある鳥居がシルエットになって浮かび上がり、神々しい雰囲気に包まれた。
同島は高さ9・4メートル、周囲約50メートルの岩礁。対岸にある住吉神社の飛び地境内で、10月のノリの種付け解禁前には地元漁師がしめ縄を飾り付けるなど、海の安全の守り神として大切にされている。
この日、約20人の写真愛好家が望遠レンズを向け、思い思いの1枚を切り取っていた。
毎年訪れるという増田博幸さん(73)、順子さん(70)夫妻=熊本市南区=は「鳥居の上に太陽を乗せたいい写真が撮れた」と笑顔だった。光景は今月末ごろまでと1月下旬に見られる。(池田祐介)