masami71の日記

熊本市在住の70歳の年金暮らしです

豪雨被災のくま川鉄道、28日に部分運行で再開

豪雨被災のくま川鉄道、28日に部分運行で再開 肥後西村-湯前間 
2021/11/26 18:40 (JST)11/26 21:20 (JST)updated
© 株式会社熊本日日新聞社

列車「田園シンフォニー」の仕業検査をするくま川鉄道の社員=26日午後、あさぎり町あさぎり駅

f:id:masami71:20211127193851j:plain

昨年7月の豪雨災害で全線24・8キロで運休が続く第三セクターくま川鉄道熊本県人吉市)は28日、肥後西村[にしのむら](錦町)-湯前(湯前町)間の18・9キロで部分運行を再開する。
同鉄道での運行は約1年5カ月ぶり。
同鉄道は豪雨により、国登録有形文化財球磨川第四橋梁[きょうりょう]が流失。
保有する気動車5両全てが浸水するなど甚大な被害を受けた。
同鉄道は県、人吉球磨10市町村と組織した再生協議会と共に、比較的被害が小さかった区間から早期の運行再開を目指していた。
運行再開区間では19日に試運転を始め、22日からは1日4往復の運転訓練を実施している。
あさぎり駅あさぎり町)に新設した車両検修用の車庫では26日、運転訓練の合間に列車の仕業検査が入念に行われていた。
28日午前10時50分に、臨時の特別列車が湯前駅を出発。
同駅や停車駅では記念イベントを予定している。
通常ダイヤの運行は同日午後1時25分湯前駅発の上り列車から。
同鉄道などによると、人吉温泉(人吉市)-肥後西村間の運行再開時期は未定。
日曜祝日を除き、同区間での代替バスは継続する。(小山智史、坂本明彦)