masami71の日記

熊本市在住の71歳の年金暮らしです

台風4号は温帯低気圧に 引き続き土砂災害などに注意

07月05日 18時09分

5日朝、長崎県に上陸した台風4号はその後、温帯低気圧に変わり熊本県から遠ざかっていますが、県内ではこれまでの大雨で地盤が緩んでいるところもあるため、気象台は引き続き土砂災害などに注意するよう呼びかけています。

熊本地方気象台によりますと、台風4号は、午前6時前に、長崎県佐世保市付近に上陸し、午前9時に温帯低気圧に変わりました。
九州北部地方には暖かく湿った空気が流れ込み、気象庁によりますと、荒尾市付近ではレーダーによる解析で午前7時10分までの1時間に120ミリ以上の猛烈な雨が降ったとみられます。
3日の降り始めから5日午後5時までの雨量は、湯前町の横谷で115ミリ、宇城市で105.5ミリ、阿蘇市乙姫で95.5ミリなどとなっています。
県によりますと県内で今回の台風4号による人的・物的な被害は確認されていないということです。
県内では引き続き、暖かく湿った空気の影響により雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降るおそれがあるほか、これまでの大雨で地盤が緩んでいるところもあるため、気象台は5日夜遅くまで河川の増水や土砂災害に注意するように呼びかけています