masami71の日記

熊本市在住の70歳の年金暮らしです

東北北部に大雨

 

青森県 深浦町 弘前市 鰺ヶ沢町 24時間雨量 観測史上最高

気象庁によりますと日本海から北日本付近にのびる前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、青森県秋田県など東北北部に発達した雨雲がかかり続け、この時間も断続的に激しい雨が降っています。
特に青森県津軽地方では各地で記録的な大雨となり、午後8時までの24時間の雨量は青森県
深浦町で257.5ミリ、
弘前市の岳で223ミリと、
鰺ヶ沢町で191.5ミリといずれも観測史上最も多くなり、平年の8月1か月分を大きく上回っています。

これまでの雨で▽青森県秋田県では土砂災害の危険性が非常に高まり「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があるほか、▽青森県では氾濫の危険性が非常に高い「氾濫危険水位」を超えている川があり、岩木川では「氾濫危険情報」が発表されています。

暗い時間に状況悪化も 前線停滞で記録的大雨のおそれ

今後の見通しです。

東北北部ではこのあとも雨が降り続ける見込みで、10日にかけて、雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。
また、新潟県でも10日の明け方以降激しい雨が降る見込みです。
10日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽東北北部で200ミリ、
▽東北南部と新潟県で100ミリと予想されています。

さらに11日夕方までの24時間には、
▽東北北部で100ミリから150ミリ、
▽東北南部と新潟で50ミリから100ミリの雨が降ると予想されています。

前線は今月16日ごろにかけて北日本付近に停滞すると見込まれ、東北の日本海側を中心に警報級の大雨が続き、総雨量が非常に多くなり、災害が発生するおそれがあります。
気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫に厳重に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風、それに「ひょう」にも注意するよう呼びかけています。

東北北部ではすでに記録的な大雨となっていますが、断続的に雨が強まって雨量が増え続け、周囲を確認しづらい夜間に、さらに状況が悪化するおそれがあります。

川や崖の近くなど災害の危険が予測される地域に住む人は、自治体の避難情報などを確認し、9日の夜は安全な場所で過ごすようにしてください。

「前線の停滞」なぜ1週間程度も

 
気象庁は、北日本付近で1週間程度にわたって雨が降り続き、災害のリスクが高まるとしています。

その大きな原因の1つが「前線の停滞」です。

なぜ1週間程度も前線が停滞し続けるのか。

それは、日本の東の太平洋高気圧と日本の北の低気圧がいずれも勢力を保ったままその場にとどまる予想となっているためです。

暖かい空気を伴った高気圧と、寒気を伴った低気圧の間に沿うように前線が停滞する見込みで、その停滞する場所が東北北部など北日本付近と予想されています。

さらに、この前線に向かって太平洋高気圧のふちを回るように暖かく湿った空気が流れ込み続ける見込みです。

このため気象庁は、東北の日本海側など前線の周辺では雨量が多くなり、先週のような大雨が降ってもおかしくない状況だとして、警戒を呼びかけています。

「長雨蓄積型」の災害にも警戒必要

 
東北北部を中心に予想される大雨では、短時間に激しく降る雨による災害に加え、長期間の雨による、いわゆる「長雨蓄積型」の災害にも警戒が必要です。

青森県などでは10日にかけて断続的に雨が強まる見込み

気象庁によりますと、青森県などではすでに記録的な大雨となっていますが、さらに10日にかけて断続的に雨が強まる見込みです。

地盤が緩んでいたり川の水位が上がっていたりする地域で、1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降ると、その雨が「最後の一押し」となって大規模な災害につながるおそれもあります。

急激に雨が強まっているときは、すぐに安全を確保することが必要です。

長時間の雨によって引き起こされる「長雨蓄積型」

一方、今回の大雨では長時間の雨によって引き起こされる「長雨蓄積型」の災害にも警戒が必要です。

今回、前線の停滞は今後1週間ほど続き、雨は強弱を繰り返しながら総雨量が多くなる見込みです。
過去にはそれほど強くない雨が長く降り続く状況でも、大きな災害がたびたび起きています。
去年7月に静岡市熱海市で発生した土石流では、1時間に30ミリ以上の激しい雨は観測されていません。

数日にわたって雨が降り続き、結果的に総雨量は389ミリと平年7月1か月分の1.5倍以上に達しました。
2018年の西日本豪雨で土砂災害が相次いで発生した広島県呉市でも、10ミリ前後の雨が降り続き、時折50ミリ以上の非常に激しい雨が降りましたが、ほとんどはふだん経験するような雨でした。
住民も「危機感を持つことが難しかった」と話しています。

青森県秋田県などでは、これまでの大雨ですでに土砂災害や川の氾濫の危険が高まっています。
  • 【動画】豪雨 警戒が必要なこと