masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

童謡詩人金子みすず

先週も暑い日が続きました。
水曜日は気象台で29度、私の部屋で31度と暑かったですね。
扇風機をまた出しました、
今月一杯はこのままにします。
前回NHKの「歴史秘話ヒストリア}で童謡詩人金子みすずさんを取り上げてました。
私は「歴史秘話ヒストリア」は戦国大名などをよく取り上げますので、あまり見ません。
戦国大名はまったく嫌いですね。
いま、「江」があってますけど、大河ドラマも一切見ません。
戦国大名の戦で、足軽に駆り出され何十万の人が亡くなり、残された妻や子供の
生活はどうなったのでしょう。
一握りの人だけが、欲望のため戦う今の時代に似てますね。
話をもどしますけど、金子みすずさんの短い人生は残念のきわみですね。
時代背景もあるでしょうけど、結婚運が悪かったと言えばそれまでですけど、
もっとたくさんの童謡詩が生まれてたことでしょう。
ここでは、みすずさんの生涯は割愛させていただきますけど、
ともかく、変な技巧を使わず、素直な自然に感じられる日本詩です。
ストレートに心の中に理屈抜きに入ってきます。
まるで、ことだまのようです。
たくさんの詩人がいますけど、どこか外国詩人のリルケやハイネなどに影響され
た詩が多いですね。
最近では「こだまでしょうか」の詩が東日本大地震に伴うCM差し替えで知られる
ようになりました。
本当は「青空文庫」にオープンにして欲しいのですけど、JULA出版局が二次的
著作権を言ってます。
みすずさんだったら、オープンにして、みんなに読んで欲しいと思われてることでしょうね。