masami71の日記

熊本市在住の72歳の年金暮らしです

夏至まで1週間…日の出は最も早く!


6月14日

気象予報士 森明子のそらいろにっき)

夏至まで1週間…日の出は最も早く!
1週間後の21日は「夏至」です。
昼間の時間が最も長くなるのは「夏至」ですが、
その前に…今週は日の出が最も早い時期🌄
けさの日の出は、熊本で午前5時8分でした。

日の出ごろの空の写真をいただきました。
明るくなっていく空がきれいですね!!
あす15日は日の出は午前5時9分、
これから少しずつ遅くなっていきます。

いつもの年は梅雨に入っている頃ですが…
今年は梅雨入りが遅れていることで、

日の出の早さを実感☀朝から日差しも強いです!
すでに平年より10日も遅れている梅雨入り☂
さらに遅れそうな状況に!?

週末15日にも梅雨入りかと思っていましたが…
梅雨前線は北上してきても九州南岸付近です。
雨が降るのは九州南部で、
北部まで、まとまった雨雲がかからない予想に。
そうなると九州北部地方の梅雨入りは来週に!?
さすがに来週は雨の日が多くなりそうです。
その前に…16日(日)の日差しを有効に☀

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: 2024年6月14日 |


きょう(14日)の熊本市は晴れ時々曇りのお天気でした。
熊本市の最低気温は平年より2度5分高くて、最高気温は5度2分高くなりました。
平年値は最低気温は20度0分、最高気温は28度0分です。
きょうの県下の最低気温は熊本市で22度5分、菊池で19度9分、人吉で18度1分、
水俣で19度9分、八代で20度9分となりました。
また、あさぎり町で16度9分、南小国で16度4分、阿蘇市乙姫で16度2分、益城で19度3分、南阿蘇で16度8分、牛深で21度9分でした。
最高気温は熊本市で33度2分、菊池で34度0分、人吉で32度3分、水俣で31度9分、
八代で32度8分となりました。した。

あさぎり町で33度2分、南小国で30度5分、阿蘇市乙姫で30度0分、益城で32度8分、南阿蘇で30度7分となりました。なお、牛深で31度1分でした。

ところで、ハナシノブという花を知ったのは、尚絅高校マンドリン部の
演奏会がきっかけでした。
昭和天皇が昭和60年5月植樹祭で熊本に行幸の折り、天皇マンドリン部の
演奏を聴きながら退席され車両に乗り込まれる手筈でした。
しかし、天皇は足を止められ演奏を聞かれました。
あわてたのは警察の交通担当者でした。
1分1秒で信号を変える必要があったからです。



 

高森町で『ハナシノブ』咲く【熊本】

高森町で『ハナシノブ』咲く【熊本】    
 2024.06.13 19:00

6月の阿蘇を彩る希少な花『ハナシノブ』が阿蘇郡高森町で今年もかわいらしい花を咲かせています。

『ハナシノブ』は全国でも阿蘇の限られた草原でしか自生しない多年草で、国の希少野生動植物に指定されています。

保護を目的に自生種の「ハナシノブ」を育てている高森町の阿蘇野草園では、2020年から毎年、鹿本農業高校の生徒たちが園内で採れた種から育てたハナシノブの苗
およそ1000株を植えています。

6月はじめごろから咲き始めた園内のハナシノブ。

茎の先端に咲いたうす紫色の涼やかな花には蜜を求めて虫たちが集まっていました。

阿蘇野草園の『ハナシノブ』の花は8月上旬まで楽しめるというこ

 



アジサイと季節外れのコスモス ヒマワリも【熊本】

アジサイと季節外れのコスモス ヒマワリも【熊本】

山鹿市にある公園では、アジサイだけでなく季節外れのコスモス、それにヒマワリも一緒に咲いています。

山鹿市にある鹿央古代の森では、アジサイが見頃を迎えています。

今年は、隣りの畑でヒマワリとコスモスも満開となっています。

この畑を管理する鹿央物産館によりますと、このヒマワリとコスモスは去年は、6月に植えて8月に見頃を迎えました。

今年は、去年咲いた花の種がそのまま畑に残り、今月に入って咲き始めたということです。

物産館の管理人は「畑を耕して新しい種を撒く予定だったが、予想外にキレイに花が咲いたので、当面はそのまま観賞できるようにしていきたい」と話していました。

 

「バスなど先行事例踏まえ対応検討」交通系IC廃止めぐり熊本市電 

「バスなど先行事例踏まえ対応検討」交通系IC廃止めぐり熊本市電 

 全国共通の交通系ICカードの決済を廃止する方針の熊本市電熊本市の大西一史市長は、先に廃止する見通しのバス事業者などの状況も見て、検討するとの考えを示しました。

 13日の熊本市議会で、吉村健治議員(市民連合)は「市民はもとより、私たち議員も寝耳に水の状態であり、利用者目線を完全に無視したもので、非常に軽率な判断であったと言わざるを得ません。白紙に戻して、再検討する考えがあるのかどうか」と質しました。

 運賃の支払い方法の変更については、全国共通の交通系ICカード決済を年内にも廃止すると発表したバス事業者など5社に続き、熊本市電も廃止の方針を示していました。

 2026年4月からは地域型のくまモンICカードやクレジットカードのタッチ決済などでの対応となるため、利用者からは戸惑いや疑問など様々な声が挙がっています。

 13日の市議会で「今回の多額の更新費までは想定をしておりませんでした」と述べたのは、井芹和哉交通事業管理者。

 ネックになっているのが、全国共通の交通系ICカードの読み取り機器の約2億円という高額な更新費用です。導入の際には、この費用について想定していなかったことを明らかにしました。

 また、大西一史市長は「電鉄、バスの事業者の動向をしっかり見極めながら、そして、全国交通系ICカードの事業者の今後の色々な反応も見極めながら、丁寧に検討してまいりたい」と述べ、議会後、次のように話しました。

 大西一史市長
「(更新費用が)こんなに多額になるということは普通は考えませんよね。今後、莫大な更新費用がさらにかさんでいくということになれば、全国の決済システムは本当に大きな問題になると、私は非常に強い懸念を持っております」

 今後の対応については、先行例となる見通しのバス事業者などの動きのほかに、市民の意見も聞いて判断するとしました。
2024/06/14のニュース

宇土市の住吉自然公園でアジサイ見頃【熊本】    

宇土市の住吉自然公園でアジサイ見頃【熊本】    
 2024.06.14 19:00

宇土市の公園で、アジサイが見頃を迎えています。

有明海に面する宇土市住吉町の住吉自然公園は、県内有数のアジサイの名所として知られています。

公園では、船舶の航行安全を祈願して祀られている住吉神社の境内を囲むように西洋アジサイガクアジサイなど約2000株が植えられています。

今年は例年より1週間ほど遅い5月20日ごろから咲き始めたアジサイ

現在はほぼ満開となっていて、県内外から訪れた人たちが紫や青、ピンクといった色とりどりの花の前で足を止めシャッターに収めていました。

住吉自然公園のアジサイは6月下旬まで楽しめるということです。
2024/06/13

 

推し電総選挙1位は元西鉄の車両 熊本市電100周年企画


推し電総選挙1位は元西鉄の車両 熊本市電100周年企画

 8月に開業100周年を迎える熊本市電の使われなくなった部品がオンラインで販売されています。

 出品されたのは、熊本市交通局で保管されていた17品目で、デジタル運賃表示器や運賃箱、経路図などは12日に販売が始まると、すでに完売。

 乗務員のカバンと降車ボタンは、まだ少し数があるということです。

 また初めて企画した「推し電総選挙」の結果が発表されました。10種類の車両から1位に輝いたのは西鉄から買い取った5014号車でした。

 1978年に導入され、2両編成で乗客定員が130人と、他の車両より多いのが特徴です。5014号車をデザインしたマグカップが投票者から抽選で100人に贈られるほか、100個限定で販売されます。

 2位は白地に緑のラインが入った1201号車と現役の車両で最も古い1063号車でした。
2024/06/14のニュース