masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

絵本の時間 いしをつんだおとこ

今日も30.7度と暑い日が続いてますけど、昨日より低いです。
明日からは雨が降り涼しくなりそうです。
今朝の落合恵子さんの絵本の時間は、
「いしをつんだおとこ」あきやま/ただし1964年、東京に生まれる。
絵本作家。 東京芸術大学デザイン科を卒業。
でも内容がいまいち理解不能です。
一生懸命にすれば、何かが出来るのを言いたいのでしょうか。
表紙は芸大デザイン科卒の画家の雰囲気ですね。

あるひ、おとこがまちのまんなかのあきちに、
いしをつみはじめました。
おとこはえかきでしたが、まずしく、ふゆのさむさを
しのぐばしょがほしかったのです。
おとこは、まちのあちこちにおちているいしをひろってきては、
どんどんつんでいき、
おもしろいとうにしあがっていきました。
しだいに、そのとうはまちのうわさとなりました
すこしずつ「とう」になっていくのを、
まちのひともたのしみにしていました。
いしをかってにつんではいけないと、とがめるひともきます。
そこへ、いしをつんでもいいというひともきます。
けいさつかんがきて、「すぐどきなさい」としじ。
そこへ、じぬしがきて「いえ、かまいません」と
あるひ、おとこのこがやってきて、すみつきました。
そして、おとこをおとうさんとよぶようになりました。