masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

高校野球の球場で熱中症で搬送

日本列島は24日、高気圧の影響で関東から沖縄の広い範囲で気温が上昇し、
連日の厳しい暑さとなってます。
気象庁によると、午後5時現在、全国927観測地点のうち58地点で35度以上
猛暑日となり、30度以上の真夏日も559地点で観測されました。
各地の最高気温は宮崎市赤江で37.4度、岡山県高梁市静岡県川根本町
それぞれ37.2度を記録しました。
高知県黒潮町愛媛県新居浜市が37.0度などとなってます。

さて、先日も藤崎台球場で、熱中症の症状で救急車が搬送した事態がありました
けど、今日も発生しました。
水分を補給するようにといわれますけど、それでも熱中症は起こると
思います。
25日午後、夏の全国高校野球熊本大会の決勝戦が行われていた
熊本市の球場で、観戦していた18人が相次いで熱中症の症状を訴え、
このうち高校生など12人が病院に運ばれて手当てを受けています。
消防によりますと、いずれも意識はあるということです。
25日午後0時半すぎ、熊本市中央区藤崎台県営野球場の救護室から
「10人くらい熱中症の疑いがある」と消防に通報がありました。
消防によりますと観戦していた18人が相次いで、めまいや立ちくらみなど
熱中症の症状を訴えて救護室を訪れたということです。
このうち高校の男子生徒4人と女子生徒5人、女子中学生1人、大人の女性2人
のあわせて12人が救急車で病院に運ばれて手当てを受けています。
いずれも意識はあるということです。
藤崎台県営野球場では午前10時半から午後0時半前まで夏の全国高校野球
熊本大会の決勝戦が行われ、症状を訴えた人たちは出場した両校の応援に来て
いたとみられるということです。
気象台によりますと、熊本県内には高温注意情報が出され、
午後1時半前に35度を観測しています。