masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

錦織選手 逆転勝利 準決勝に進出


男子テニス、年間成績の上位8人が争う「ツアーファイナル」で、日本選手として初出場した錦織圭選手は1次リーグ、グループBの2位となり、準決勝に進みました。

ツアーファイナルは、8人が4人ずつ2つのグループに分かれて総当たりの1次リーグを戦い、上位2人ずつが準決勝に進みます。
世界ランキング5位の錦織選手は13日、ロンドンで行われた1次リーグ最終戦で、対戦する予定だったカナダのミロス・ラオニッチ選手が太もものけがで棄権したため、補欠だった10位のスペイン、ダビッド・フェレール選手と対戦しました。
.錦織選手は、第1セットを4−6で落としましたが、第2セットで課題だったサーブが安定し、多彩な攻撃も決まって6−4で取りました。
最終の第3セットでは、持ち味の鋭いショットでフェレール選手を圧倒し、6−1で奪い、セットカウント2対1で逆転勝ちし、1次リーグを2勝1敗で終えました。
このあと、同じグループBでは、世界ランキング2位のスイス、ロジャー・フェデラー選手と6位のイギリス、アンディー・マレー選手が対戦し、フェデラー選手がセットカウント2対0で勝ちました。
この結果、3勝を挙げたフェデラー選手がグループBの1位、2勝1敗の錦織選手が2位となり、2人が準決勝に進みました。
錦織選手は15日に行われる準決勝で、グループAの1位の選手と対戦します。