masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

甘酸っぱい香り充満 熊本市でハウスミカン出荷

今日は熊本市は、お昼は曇り空になり、熊本市の最高気温は23.4度と涼しかったですね。
県南部は一日中雨が降り、1時間30ミリ近い雨が降ったところもありました。
県下、人吉市で22.4度、鹿北町で23.1度、菊池市で23.7度、あさぎり町で222.9度、岱明町で22.9度、甲佐町で22.7度でした。
ところで、ミカンと言えばどうしても冬の果物に思いますけどね。
毎日1個食べてましたけど、季節外れで高ければちょっと買うのにためらいます。

ベルトコンベヤーを流れ、初出荷されるハウスミカン=16日午前、熊本市北区のJA鹿本果樹選果場
熊本市北区植木町のJA鹿本果樹選果場で16日、ハウスミカンの出荷が始まった。
鮮やかな黄緑色の果実がそろい、甘酸っぱい香りとともに、早くも県内をはじめ関東、関西の市場に発送された。
県などによると、2013年のはハウスミカン生産量は県全体で628㌧。
植木町や河内町で栽培が盛んな熊本市が約6割を占める。
同JAハウスみかん専門部では、植木町の11戸が「グリーンハウスみかん」を生産。
初日は前日収穫の約2㌧を糖度や大きさで選別し、丁寧に箱詰めした。
ことしは前年より10㌧少ない260㌧を9月上旬まで出荷する見込み。
最盛期の7月中旬には1日約15㌧を取り扱う。
同JA果樹販売指導課の内田稔さん(37)は「悪天候が続いた分、各戸で温度・水管理が徹底され、糖度は例年より高い」と話している。(岩崎健示)


19日の花言葉
ノアザミ(野薊)  キク科 私をもっと知ってください