masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本県内の住宅被害1万2000棟超に

一連の地震で、熊本県は、これまでに県内で1万2130棟の住宅で被害が確認されたと発表し、このほか、さらに1万5000棟余りの住宅が被害を受けているおそれがあるとして、確認を進めています。
熊本県の災害対策本部によりますと、27日午後1時半現在、県内では合わせて1万2130棟の住宅で被害が確認されています。
このうち、全壊は、益城町で1026棟、西原村で344棟など、合わせて2102棟です。
また、半壊は2297棟、一部破損は熊本市で5343棟など、合わせて7731棟となっています。
熊本県は、このほかにも、熊本市で全壊と半壊が合わせて1万902棟、益城町で半壊と一部破損が合わせておよそ4400棟に上るおそれがあるとして、確認を進めています。
熊本県によりますと、熊本市で住宅被害の件数が大幅に増えるおそれが出てきたのは、市がこれまでの目視による確認件数から、実態を反映させようと住民からの「り災証明」の申請件数を基に報告してきたためだとしています。
熊本県内では、八代市で調査が進んでおらず、住宅への被害は今後、さらに膨らむ見通しです。