masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

ドクター・スース作 「きみの行く道」

関東地方は記録的な大雪に見舞われ、東京では45年ぶりに積雪が27センチに
達しました。
東京都心では夜遅くに積雪が27センチに達し、ここまで積もるのは1969年に
観測した30センチ以来、実に45年ぶりです。
また、埼玉県熊谷では43センチと観測史上2番目、千葉は33センチ積もり、
観測史上1位の積雪を記録しました。
成田空港では足止めされ、6千500人の人が夜を明かしたとのこと。
とても疲れたことでしょう。
今朝は落合恵子さんの絵本の時間
ドクター・スース作「きみの行く道」でした。
生きていくなかで何度も味わうかもしれない人生の迷路に入り込んだとき、
新しい一歩を踏み出そうとするとき、ドクター・スースがやさしく道案内を
してくれます。でも決めるのは自分自身です。
でも、この絵本は低学年には非常に難しく、どちらかと言えば高学年向けですね。


おめでとう。

今日という日は、まったくきみのものです。
きみのゆくての、あの大きな世界に向かって、いざ、旅立ち!

きみの頭には のうみそがたっぷり。
きみのくつには 足がぎっしり。
それで、行きたいほうへちゃんと行けるっていうんだから もう一人前です。
行き先なんてすいすい自分で決めていける、それが「きみ」。
ゆくてをよく見るんです、よく見て、見きわめるんです。
行きたくないなという道もあるでしょうよ。
きみみたいな優秀な人間は、わざわざつまんないところに行くこたぁない。
行きたい道は見つからないかもしれませんね。
ということは、とうぜん、まっすぐ町から出ていくことになります。
なんとまあ、ひらけたところに出たもんだ。
そこじゃあ いろんなことが起こるでしょうよ。
しかし、何があっても、だいじょうぶ。なやむこたぁない。
どんどん行きなさい、そのままどんどん。
きみ自身も変わっていくんですから。
きみは上にのぼっていきます!すばらしいながめでしょうよ!
だいじょうぶ、遅れやしませんよ。
どこに行ったって、きみはトップにおどりでる。
そうならない時を除いたらってことですけど。
つまり、たまには、そうならないこともあるんです。
じつに言い難いことですが、ぶつかったりひっかかったり 
てなことが起こらないともかぎらない。
きみは宙ぶらりんのところから、下りては来るんですけどね、
道はでこぼこで、おもしろくないんだな、これが。
きみがやってくるのは 道になんのしるしもないような暗い場所。
右にまがるか 左にまがるか・・・それとも後ろからまわって忍び込む?
簡単じゃないってことを、残念ながらきみは思い知るわけ。
ものごとは、なかなか決められない。
きみはそこで闇雲に走り出しちゃうかもしれませんね。
うねうねと気味の悪い荒地を。
行く先はなんとまあ、とんでもなくろくでもない場所なんです。
待つ場所といおうか・・・・
電車が来るのを待っている。手紙が来るのを待っている。
雨がやむのを待っている。イエスかノーの答えを待っている。
髪の毛がのびるのを待っている。みんな、ただ 待っているんです。
ちがう。
そこはきみの行く道じゃない。
きみは、なんとかしてそこから 抜け出さなくちゃだめですよ。
抜け出して もっと明るい場所に行かなけりゃ。
しなくちゃいけない楽しいことがある。きみは歩きつづける。
きみは進むんです、前へ、前へ。
そして顔を上げて、まっ正面から、きみの問題に 
どんな問題でもひるまずぶつかっていくんです。