masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

12月並みの寒さ

強い寒気の影響で、14日の熊本県内は雲の多い天気となっていて日ざしがないため日中も気温の上がり方が鈍く12月並みの
寒さとなりました。
日本列島は冬型の気圧配置となり、九州の上空にもこの時期としては強い寒気が居座っています。
この寒気の影響で、県内は雲の多い天気となって、朝の冷え込みはほぼ平年並みでしたが、日ざしがないため気温の上がり方が鈍かったです。
最低気温は阿蘇市乙姫で3.7度、熊本市で7.9度、人吉市で5.6度、あさぎり町で2.6度と12月上旬から下旬並みの寒さとなりました。
最高気温は阿蘇市乙姫で8.3度、熊本市で13.3度、人吉市で13.4度、あさぎり町で14.6度でした。
九州はしだいに高気圧に覆われ、冬型の気圧配置は緩みますが、15日朝も寒気の影響が残り、この時期としては厳しい冷え込みとなりました。
また、北海道で積雪 北・西日本中心に一番の寒さでした。
北海道では平野部でもまとまった積雪となり、北日本と西日本を中心にこの秋以降、一番の寒さとなりました。
冬型の気圧配置になって強い寒気が南下したため、北日本は強い風を伴って雪が降り、北海道は平野部でもまとまった積雪となっています。
午後5時の積雪は、北海道北部の幌加内町朱鞠内で43センチ、旭川市と札幌市で19センチとなっています。
このうち、札幌市は11月前半としては19年前、平成7年の11月9日に24センチを観測して以来の積雪となりました。
日中の最高気温は、旭川市で氷点下0度4分、福岡市で13度8分、大阪市で15度ちょうどなど、各地で平年より3度から6度ほど低く、北日本と西日本を中心にこの秋以降最も寒くなりました。