masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

阿蘇山で火山性微動 20年ぶりに震度1観測

福岡管区気象台は4日、熊本県阿蘇山で3日午後10時4分に振幅の大きい火山性微動が約5分間続き、同県南阿蘇村中松で震度1を観測した、と発表した。

火山性微動で震度1以上を観測したのは、1995年7月4日以来、約20年ぶり。
ただ、火山活動がさらに活発化する様子はみられていないとしている。
4日の現地調査で、火口から北東約4キロの同県阿蘇市一の宮町宮地で、前日の火山性微動で噴出されたとみられる降灰を確認。
一時的に火山灰の噴出が多くなった可能性があるという。 
火山性微動は、マグマや水蒸気が地中を移動するなどして起こる地表の微弱な振動。


また、神奈川県の箱根山では、5日朝、震度1の揺れを伴う地震が2回発生するなど火山活動がやや高まっている状態が続いています。
気象庁大涌谷付近では規模の小さな噴気などが突発的に噴出する可能性があるとして、引き続き自治体などの指示に従って、危険な地域には立ち入らないよう注意を呼びかけています。
気象庁によりますと、箱根山では4月26日から、大涌谷から神山付近の地下の浅い場所を震源とする規模の小さな火山性の地震が増えています。
5日午前6時台には箱根山付近を震源とする地震が2回あり、いずれも神奈川県箱根町湯本で震度1の揺れを観測しました。
一連の地震活動で震度1以上の揺れを観測したのは、今回が初めてです。
また、桜島の噴火回数が、はや昨年超え 気象台が注意呼び掛けた。
鹿児島地方気象台は3日、活発な火山活動が続く桜島鹿児島市)の爆発的噴火が、ことし4カ月余りで昨年1年間の450回を超えたと明らかにした。
気象台によると、爆発は4月23日、400回に達し、5月2日午後11時50分ごろに451回目を観測した。
桜島の爆発的噴火の最多記録は2011年の996回。