masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

北岡自然公園を部分開園 熊本市

2016年10月07日 00時09分
熊本地震で倒れた石灯籠。奥は大きな被害を免れた第3代当主忠利の廟
熊本地震で被災した熊本市中央区横手の国指定史跡妙解寺(みょうげじ)跡(北岡自然公園)が7日、部分開園する。


管理する市が6日、熊本藩主細川家の歴代当主の墓石が倒れるなどした被害箇所を報道陣に公開した。
市は被害額を約2億8千万円と見込んでいる。
妙解寺は1642年、細川家が3代当主忠利を弔うために建立。
1871(明治4)年に廃寺となり、1955年から市の公園になった。
今回の地震で忠利をまつる廟(びょう)はほぼ無事だったが、参道の門や藩中興の祖とされる8代重賢の墓石などが倒れた。

建立当時からの石灯籠もほとんどが倒れたり、石組みがずれたりした。
市は今後、本格的な調査に着手し2017年度から3年間で修復工事をする予定。
4万2992平方メートルの敷地のうち墓所などは公開せず、日本庭園がある約8千平方メートルを開園する。
年末のみ休み。無料。
=2016/10/07付 西日本新聞朝刊=