masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

女子高校生、地域で違う「おしゃれスカート丈」全国調査

2017年7月29日10時17分
女子高校生が「オシャレ」だと思うスカート丈には、こんな地域差が=グラフィック:岩見梨絵


女子高校生がオシャレと考えるスカート丈は地域によって違うのでは? 
そんな疑問から全国各地に勤務する記者が、地域のスカート丈事情を取材しました。
すると、各地の高校生の制服に対する“こだわり”が見えてきました。
札幌・渋谷・大阪・福岡…こんなに違う!女子高生のスカート丈
きっかけは、大阪で勤務した茨城出身の湊彬子記者の“驚き”でした。
湊記者は「スカートは短い方がオシャレ」というのが一般的だと思っていたのですが、大阪の高校生のスカートは長かったのです。

各地の高校生の“オシャレ丈”を知るべく、14都道府県の主要駅前などで調査資料に基づいた目視調査と、インタビューをしました。
調査総数は約2400人。イラストでは、各地域で一番多かった長さを紹介しています。
際立ったのは関東都心部と大阪の違いです。
東京と横浜ではミニが多いですが、大阪はひざが隠れている人で6割を占めます。
大阪の生徒は「ひざ丈はめっちゃださい。限界まで下げてる」と話しました。
大阪のお隣の兵庫の神戸や西宮は“お嬢様風”の着こなし。
「短いとコスプレみたいになる」という声が聞かれました。
一方で、滋賀はひざが完全に見える人で9割に達するなど、同じ関西圏でも差があります。


札幌、関東各地、名古屋、津山(岡山)でもひざより上が半数を超えました。
札幌では、冬場は「タイツをはいて、丈は変えない」というたくましい声が複数聞かれました。
学校から出たらスカートを腰の部分で折って短くするという群馬の高校生はこう話します。
「JK(女子高生)は一生に一回。しばられちゃいられないですよ」
調査した記者は20代後半が中心です。
調査地点が出身地とは限りませんが、「自分たちの頃より丈が長い」との意見が多く出ました。
定番の紺ハイソックスをたるませてはくのが流行するなど、時代による着こなしの変化もあるようです。