masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

保育施設にマスク贈ってくれたのは

保育施設にマスク贈ってくれたのは あの人だった…

2020年4月2日 16時54分新型コロナウイルス
新型コロナウイルスの感染拡大でマスク不足に悩んでいた千葉県市川市の保育施設に、漫画「タイガーマスク」の主人公「伊達直人」を名乗る匿名の人物から1080枚のマスクが贈られました。

f:id:masami71:20200403121653j:plain

市川市のビルに入居する民間の保育施設、「コンパス幼保園」では仕事を持つ保護者から、0歳から5歳までの子ども30人近くを月曜日から土曜日まで預かっています。
新型コロナウイルスの感染防止のため、職員全員がマスクを着用して仕事をしていますが、徐々に在庫がなくなってきたため、島田裕二園長が先月26日、動画配信サイトでメッセージを流し苦しい胸の内を明かしました。
この中で園長は、「働く親たちを支えるため、保育施設は簡単には休めません。しかし、マスク一つ取ってもどんどんなくなっています。皆さん、サポートをよろしくお願いします」などと訴えました。
すると翌日マスクをした男性が訪れ、自分のことを何も明かさないまま、園長に紙袋を渡して立ち去りました。中を確認してみると箱入りの1080枚のマスクと手紙が入っていたということです。
手紙には、かつて総合格闘技のレフェリーを務めていた島田園長のメッセージを見て施設の悩みを知ったと記され、「私の家庭も共働きで、かつては保育園・幼稚園にお世話になり、夫婦で仕事をしていました。
世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大していますが、それでも我が国の経済活動が保たれているのは、認可・認可外問わず保育園の皆さまが必死の思いで運営を続けてくださっているからだと思います」
とつづられていました。
そして「がんばれ!コンパス幼保園!」と激励し、最後には「伊達直人」という署名が入っていました。

f:id:masami71:20200403121748j:plain

施設では、届けられたマスクを保管して大切に使うとともに園内の消毒なども徹底してウイルスの感染拡大と闘っていきたいとしています。
保育士の1人は「神の救いというわけではないかもしれませんが、マスクがない状態だったので、本当にうれしかったです」と話していました。
島田園長は自分たちの施設だけでなく、ほかの保育所にも行政からマスクなどが届けられることが、仕事を持つ人たちの支援にもつながるのではないかと考えています。
島田園長は「自分たちだけが助かってよかったというのは間違いだと思います。医療機関などだけでなく保育施設も困っていることを理解してほしいです」と話していました。