masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本市西区河内町 「河内晩柑」 収穫

今朝はすっきりと晴れ、熊本市の最低気温は10.7度でした。
県下、阿蘇市で4.2度、南小国で4.6度、あさぎり町で5.5度で、菊池市で7.3度でした。
昨日は人吉で28.4度、あさぎり町で27.7度、熊本市で27.6度と夏日でした。
とても洗濯日和で、敷布も洗濯したり、毛布も干したりしました。

ところで、「河内晩柑[ばんかん]」が生まれた熊本市西区河内町で、中晩柑の収穫が最盛期を迎えました。
有明海の潮風を受けて、直径約10センチの黄色い果実が輝いている。
町内には推定樹齢140年の河内晩柑の原木があり、1942年に新種と判明したと伝わる。
ザボンの仲間で上品な甘さと爽やかな酸味が特徴だ。
県内生産量約3千トン(2013年)のうち、天草地域が約1800トンを占めるが、同町を中心とした熊本市でも120トンを出荷。
河内晩柑を作り続ける上村勇一さん(64)は「ルーツの町として技術を継承したい」と収穫に汗を流す。
海に面した山腹一面に石積みの段々畑が広がる同町では、さまざまなかんきつ類の栽培が盛ん。
レモンのような形の中晩柑「弓削瓢柑[ゆげひょうかん]」を収穫中の中川一典さん(61)も「河内発の特産を目指す」と張り切っていた。(高見伸)