masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

昨年度ふるさと納税 熊本県全国4位 

今朝もどんよりしたお天気で、しだいに晴れて来るそうですけど。
気温は、熊本市で18度1分で少しむしむししてます。
各地の最低気温は、阿蘇市で15.6度、南小国で16.8度、あさぎり町で17.2度で、菊池市で18.6度でした。
さて、くまモンの影響でしょうか、「ふるさと納税」制度を利用した熊本県への2014年度の寄付が、前年度に比べ件数で3・2倍の5827件、金額で2・2倍の9789万円と大幅に伸びたことが3日、県などの集計(速報値)
で分かりました。
件数は過去最多を更新。金額は1億円の大口寄付があった10年度に次いで2番目でした。
都道府県別でみると、件数は全国3位、金額は4位で、それぞれ前年度から一つ順位を上げた。
5千件を超えたのは熊本、鳥取(6779件)、長野(6173件)の3県のみでした。
熊本県への寄付件数は、13年度から急増。
14年度はインターネットによるクレジット納付手続きの簡素化、帰省者や県人会向けのPRなどに取り組んだ。
県税務課は「くまモン人気などを背景に、応援したい自治体として定着してきた」とみている。
地域別の寄付者は、トップが関東の3060件(4939万円)で全体の5割強を占めました。
関西920件(1296万円)、東海620件(718万円)が続いた。
ふるさと納税をめぐっては、高額な特典など過熱する自治体の“お礼競争”に総務省が注意を促している。
熊本県の場合、50万円以上で3千円相当の特産品4品が上限で、「過剰な返礼はしていない」(県税務課)という。
蒲島郁夫知事は「寄付の増加は熊本ファンや古里を愛する人が増えた結果とみられ、県民として誇らしい」と話している。
(蔵原博康)