masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

また高校野球応援で熱中症で搬送

きょうも熊本市は、一日中晴れました。
最低気温が25度の熱帯夜で、とても蒸し暑くなりました。
各地の最高気温は熊本市で34度8分、菊池で33度5分、南小国で31度6分となりました。
また、益城で32度9分、南阿蘇で32度5分となりました。
一連の地震で、きょうは震度1が2回発生しただけでした。
ところで、野球選手は普段から練習で暑さに鍛えられてますけど、普通の人が炎天下に数時間居るのは大変危険ですよ。
気象台で毎日35度近い気温になってますので、恐らく炎天下では40度くらいになってることでしょう。
学生時代に真夏に藤崎台球場に行きましたけど、とくに藤崎台は非常に暑く感じられます。
毎年熱中症で何人か搬送されます。
熱中症対策に考えが甘いのではないでしょうか。
この暑さの中、藤崎台県営野球場では20日昼すぎ、熱中症とみられる症状で5人が救急搬送されました。
20日午後3時20分ごろ「大人が1人手足のしびれを訴えている」と球場関係者から消防に通報がありました。
消防が確認したところ、他にも4人がしびれや気分不良などを訴えていて病院に搬送されました。
搬送された5人は熱中症の疑いがあるということで、40代の女性2人が中等症、10代の男子生徒1人と30代の女性2人が軽症です。
5人は藤崎台球場で行われていた高校野球熊本大会の応援に来ていたということです。
熊本市では20日、最高気温が34.6度を記録してました。
また、きょうも熱中症の疑いで高校生8人が搬送されました。
21日午後、藤崎台球場から帰る途中だった高校生8人がバスの中で相次いで熱中症とみられる症状を訴え、いずれも病院に運ばれて手当を受けています。
消防によりますと、いずれも意識はあるということです。
21日午後3時半ごろ熊本市藤崎台県営野球場夏の高校野球熊本大会の応援に行っていった多良木町の多良木高校の生徒がマイクロバスで帰る途中に「熱中症の症状を訴えている」と引率している教員から消防に通報がありました。
消防によりますと、男子生徒1人と女子生徒7人のあわせて8人がバスの中で相次いで、気分が悪いなど熱中症とみられる症状を訴え救急車で病院に運ばれ、手当てを受けています。
いずれも意識はあるということです。
また、消防によりますとバスのエアコンは故障中だったということです。

07月21日 20時22分