masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

七草がゆ

きょうの熊本市は、ほぼ曇り空で、宵のうちから雨になりました。
朝の冷え込みは熊本市ではやや強くて、最低気温は平年並みで、お昼の最高気温は平年より1度低めでした。
県下の最低気温はあさぎり町で氷点下1度9分、南阿蘇村で氷点下2度5分、阿蘇市乙姫で氷点下3度1分、益城で氷点下1度8分、南小国町(黒川温泉)で氷点下3度0分、菊池市で氷点下1度7分、人吉で氷点下0度5分、熊本市で0度5分でした。
各地の最高気温は熊本市で9度6分、菊池で8度4分、人吉で7度6分、水俣で11度9分、八代で9度3分となりました。
あさぎり町で7度7分、南小国で7度4分、阿蘇市乙姫で6度7分、益城で10度4分、南阿蘇で7度9分となりました。
なお、牛深で11度7分となりました。
きょうは、一連の熊本地震で、震度1以上は1回も発生しませんでした。
ところで、春の七草はセリ、ナズナゴギョウハコベラホトケノザスズナスズシロ
わたしが子供のころは、たぶんすべてを揃えるのは無理でしたでしょう。
でも、母の料理するいわゆる「七草がゆ」はとてもおいしかったですね。
特にセリは父と田んぼに行って袋一杯つんでました。
とても懐かしく思います。
青果卸の熊青西九州青果によると、年末以降の冷え込みで生育が遅れ、入荷量は例年より少なめ。卸値は1割ほど高いという。
担当者は「特にスズナ(カブ)とスズシロ(ダイコン)は小ぶりなものが多いが、味は問題ない。
ぜひ食べて、正月料理で疲れた胃袋を癒やしてほしい」と話していた。