masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

「飾り馬」むち打ち 全員不起訴

04月10日 15時44分
去年行われた熊本市藤崎八旛宮の秋の例大祭で、奉納行列の「飾り馬」をむちで打つなど虐待したとして、動物愛護法違反の疑いで書類送検された参加者について、検察は起訴するだけの証拠がなかったとして全員を不起訴にしました。

f:id:masami71:20190411130144j:plain

去年9月に行われた藤崎八旛宮の秋の例大祭では、奉納行列に参加した3つの団体のメンバーが「飾り馬」を前に進めるためむちで打つなどした動画がSNSに投稿され、これを見た東京の動物愛護のNPO法人が虐待にあたるとして刑事告発しました。
これを受けて警察がことし2月に、刑事責任を問うのは難しいという意見を付けてメンバー12人を動物愛護法違反の疑いで書類送検していましたが、検察は、起訴するだけの証拠がなかったとして、10日までに全員を不起訴にしました。
告発したNPO法人アニマルライツセンター」の岡田千尋代表理事は「今後も祭りでの動物の扱いを監視して、不適切な行為があれば告発して世の中に問いかけていきたい」とコメントしています。
一方、祭りの参加団体で構成する「奉賛会」の猪本恭三会長は「虐待ではなくても、虐待と見られるような行為はしないよう注意を喚起していきたい」とコメントしています。