masami71の日記

熊本市在住の70歳の年金暮らしです

熊本市桜町に複合ビル建設へ NTT西日本

熊本市桜町に複合ビル建設へ NTT西日本、にぎわい創出狙う

2020/11/9 19:30 (JST)  ©株式会社熊本日日新聞社

NTT西日本が解体する桜町ビル跡地に建設する複合ビルのイメージ

f:id:masami71:20201110151437j:plain

NTT西日本の桜町ビル。解体後の跡地にはシティーホテルなどが入る複合ビルを建設する計画だ=熊本市中央区
NTT西日本は9日、熊本市中央区桜町の桜町ビルを解体し、跡地にシティーホテルやオフィス、商業機能が入る複合ビルを建設する計画を明らかにした。
大型商業施設「サクラマチ クマモト」の隣接地で、一帯のにぎわい創出につなげるのが狙い。2022年中に着工し、24年度の完成、開業を目指す。
桜町ビルがある敷地は約1万平方メートルで、うち立体駐車場部分を除く約7300平方メートルに建設。
年内に解体に着手予定。
新ビルは防災機能の強化やまちづくりへの貢献度に応じて容積率の割り増しといった緩和措置を受けられる熊本市の制度「まちなか再生プロジェクト」を活用し、14階建て(延べ床面積約3万7500平方メートル)
とする方針。

f:id:masami71:20201110151733j:plain

1、2階に店舗、3~6階にオフィス、上層階にはグレードの高いシティーホテルを誘致する構え。
同社はどんなホテルや店を入れるかは示しておらず、「テナントの誘致はこれから進める」としている。
建設地は、熊本城からつながるエリアであるため植栽による緑の空間を意識して設け、隣接する
「サクラマチ」とも連続性を持たせた外観とする方針。
災害時に一時避難所として活用できるスペースも設ける考えだ。総事業費は未定。
9日、熊本市役所で開かれた同市の「桜町・花畑周辺地区まちづくりマネジメント検討委員会」で計画の概要を説明。
終了後、朝倉順治熊本支店長は「一帯は熊本城下で歴史や文化を発信できる場所」と強調した。(中原功一朗)