masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

絵本 べべべん べんとう

今日は朝から曇ってましたけど、次第に晴れて暑いです。
最高気温は27.8度、最低気温は13.6度でした。
今朝の落合恵子さんの絵本の時間は「べべべん べんとう」でした。
弁当作りの苦手なお母さんに取っては、苦痛なお話です。

べべべん べんとう》  さいとう しのぶ 作・絵

うちのお母さんは毎朝お弁当を4つ作る。
ちょっとしたお弁当屋だ。
でも僕は残念ながら給食。
僕がお弁当といえば遠足の時。
僕の好きなものばっかり入れてもらえる…。
さいとうしのぶがおいしそうに描いた楽しい絵本。

おかあさんが作る、家族みんなそれぞれちょっとずつ違うお弁当。
大好きな遠足の時のお弁当。
年少さんの時は「べんとうレンジャー」の弁当箱に入った可愛いお弁当。
運動会の時は「ちょーごうか」!
どのおかずも、それはそれはリアル。思わずつまみそうになるくらい。
それもそのはず、作者は『あっちゃんあがつく』などで大人気
さとうしのぶさんなのです。
次から次へ登場するお弁当に夢中になっていると・・・。
あれ、こんなお弁当ってあるの?何だか様子がおかしくなってきます。
あれあれ、更にどんどんエスカレート。
「なんでやねん!」
さとうさんは大阪生まれなんですねぇ。
悪ノリ(!?)加減がかなり素敵です。
とにかく笑いがたくさん、幸せな気分になれる一冊です。

美味しそうなお弁当がたくさん出てくる絵本です。
みんなお弁当は大好きです。
読む前に「お弁当、好きな人?」と聞くと
みんな手を上げてくれます。
北海道、沖縄、アメリカ、フランス、中国、そしてアフリカなどなど・・・
「どこどこの国のお弁当見たことある人ー?」と聞き手と対話しながら
ページをめくると、美味しそうなお弁当だったり、ありえないお弁当だったり・・・
「うわ〜〜〜!美味しそう〜!」とか「ぎゃーーーーーー!!!」
と終盤にかけて、とても盛り上がります。
この絵本は、面白いだけではなく
毎日のお弁当や、遠足、運動会のお弁当、おせち料理などで、
一生懸命に家族のためにお弁当を
作ってくれるお母さんに感謝したくなる。
そんな絵本です。
でも、なかには、お母さんに、無用な超プレッシャーを
かける時代遅れの内容と言う人も。
ラスト「お母さん、今年も家族のためにお弁当作り頑張ってや。」。
悪い冗談?お父さんは、何やってんの?馬鹿じゃない???
絵が可愛いだけに残念。それに今の給食美味しいよ。
余談ですが海外じゃお弁当の習慣のない国、結構あり。
私には合いません。『あっちゃん、あがつく』はとっても良い本なのに…。