masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

ミラクルムーン

今朝は10.2度と肌寒い朝でした。
お天気は曇り空で、21.5度であまり上がりませんでした。
洗濯物の乾きが悪く、じとーとして、嫌な季節になりましたね。
最近は、「石焼き芋」と「灯油」販売の車が廻ってまして、冬の気配を感じます。
昨日、171年ぶりの珍しい「後(のち)の十三夜」の月が5日、日本各地で観察されました。
前回観賞できたのは江戸時代後期の1843年。天文ファンの間では「ミラクルムーン」と注目を集めました。
美しい月として親しまれる「名月」は通常年2回、旧暦8月15日の「十五夜」と同9月13日の「十三夜」に現れます。
日本では古くから、「月見」としてこの年2回の名月を観賞してきました。
「後の十三夜」の月は、年3回目となる珍しい「名月」。
旧暦では3年に1度、「うるう月」を入れて季節とのずれを調整する。
旧暦に従うと、今年は171年ぶりに9月にうるう月が入り、11月5日が2度目の「十三夜」となりました。
これが「後の十三夜」と呼ばれるゆえんです。
【河内敏康】
ところで、今日6日の東京外国為替市場の円相場は続落し、一時、2007年11月2日以来約7年ぶりとなる1ドル=115円台まで円売りドル買いが加速したとのこと。
私が持ってる数百ドルは丁度115円の時でしたので、円に交換しょうかなと思ってます。
日銀の追加金融緩和以降、市場では日米金利差の拡大が意識されている。
この日も、円を売って、比較的利回りが高いドルを買う動きが強まってます。
午後1時現在は前日比82銭円安ドル高の1ドル=115円23〜33銭。
ユーロは72銭円安ユーロ高の1ユーロ=143円92〜93銭。
前日発表の米雇用関連の経済指標が市場予想を上回り、米景気回復期待が高まったことで、円売りドル買いが進んだ
前日の海外市場の流れを引き継いだ。(共同)