masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

白い阿蘇きれい 平年より7日遅く初冠雪

中岳の写真を撮る観光客=26日午前9時半ごろ、阿蘇山上広場



熊本県内は26日、寒気が流れ込み、阿蘇高岳(標高1592メートル)で初冠雪を観測した。
阿蘇市によると、昨年より13日、平年より7日遅い。
同日午前8時半に市職員が市役所から高岳山頂に雪が積もっているのを確認した。
阿蘇山は朝から雲が低く垂れ込め、阿蘇五岳で最も高い高岳は7合目から上が白く覆われていた。
標高1130メートルにある阿蘇火山博物館によると、午前9時ごろの気温は3度だった。
熊本地方気象台によると、各地の最低気温は熊本市8・9度、阿蘇市乙姫5・1度、人吉市8・6度など。前日から2〜4度ほど低くなったが、平年に比べると4度近く高い。
26日夜から27日朝にかけ、上空に強い寒気が流れ込み、さらに気温が下がる見込み。


中岳も雪が積もり、24日に噴火警戒レベルが引き下げられて立ち入り可能となった阿蘇山上広場では、観光客が時折雪が舞う中、白く雪化粧した中岳を写真に収めていた。
埼玉県三芳町から妻と娘の3人で観光で広場を訪れた会社員(54)は「立ち入りできると聞いて来たら雪が降っていて驚いた。白い中岳もきれいですね」と寒さに手をこすり合わせながら見上げていた。(上杉勇太、福井一基)
熊本地方気象台によると、気圧の谷の通過に伴い標高が高い場所で雨が雪になったとみられる。
九州地方の寒さが本格化するのは今夜からで、福岡管区気象台によると、27日朝にかけて福岡市上空約1500メートルには零下6度以下の寒気が流れ込むという。(尾立史仁)