masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

崩壊した草千里付近の県道=阿蘇市(阿蘇市提供)

きょうの熊本市のお天気は、朝から良く晴れた1日でした。
熊本の最高気温は22.2度で、益城で21.5度、南阿蘇で19.7度でした。
最低気温は熊本市で9.7度で、益城で7.6度、南阿蘇で6.5度で寒い朝でした。
さて、29日も熊本県で震度3の地震が4回発生するなど、活発な地震活動が続いていて、震度1以上の地震の回数は1000回を超えています。
地震で大規模な土砂崩れが起きた南阿蘇村では大学生の発見に向け、29日も捜索が行われています。
29日午後3時半ごろ、▽熊本県阿蘇村で震度3の揺れを観測する地震がありました。
また午後3時9分ごろ、大分県震度5強の強い揺れを観測する地震があり、熊本県内でも震度2と1の揺れを観測しました。

また、蘇山上への道途絶 草千里付近も被害甚大です。

16日未明の本震などで崩壊した草千里付近の県道=阿蘇市阿蘇市提供)
阿蘇地域の自然や観光のシンボル的存在である草千里や中岳に車で向かう登山道が、熊本地震で激しい損傷を受け全面通行止めとなっている。
阿蘇山頂への登山道は、県道阿蘇吉田線(阿蘇市黒川−南阿蘇村一関)と、同吉田線と同市赤水を接続する県道阿蘇公園下野線の2路線。
阿蘇地域振興局によると、ともに16日未明の本震で亀裂や隆起、山腹からの落石があり、通行止めになっている。
特に被害が激しいのは、阿蘇吉田線の草千里展望所から阿蘇火山博物館に向かうカーブ付近。


路面のアスファルトはばらばらに砕け、駐車スペースも含めて長さ50〜60メートルにわたり北西側に約100メートル崩落している。
ただ、阿蘇市によると、目視で草千里に地割れなどの目立った被害はなく、中岳火口から約1キロ西にある山上広場の建物も外観に大きな損傷はない。
観光協会などには通行止めの後、草千里周辺で営業する民間業者から「貴重品などを持ち出したい」との相談が殺到。
そのため同振興局は29日、希望7〜8業者に限り一時的な立ち入りを許可する。
一方、玄関のガラスが割れるなどの被害があった同博物館は、同市小里の阿蘇草原保全活動センター・草原学習館に仮事務所を移した。
池辺伸一郎館長は「再開には時間がかかりそうだが、博物館の役割にかなう情報発信をしていきたい」と話した。
(上杉勇太、岡本幸浩)