masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

豪雨で孤立の祖父母への手紙 自衛隊員に託す 大分 日田

福岡県筑前町の津留旭翔さん(15)と妹のなのはさん(12)は、孤立状態となっている大分県日田市の小野地区に住む祖父母への手紙を携えて、母親などと一緒にヘリコプターが離着陸する陸上競技場を訪れました。
旭翔さんは、災害が起きたあと携帯電話がほとんど通じなくなったため祖父母の状況が詳しくわからず、無事を願う自分たちの思いを手紙に託して伝えたいと考え、遠く離れた日田市まで訪れたということです。
手紙には「べんきょうと部活をがんばるのでじいちゃんとばあちゃんもがんばって」などと、励ましの言葉がしたためられています。


旭翔さんたちは、救援物資を運ぶヘリコプターで手紙を届けてもらうよう自衛隊員にその場で依頼したところ引き受けてもらえました。
旭翔さんは「じいちゃんの家には毎年、夏に遊びに行っていたので、災害のニュースを見てびっくりしています。
自分たちの手紙を読んで元気になってくれればうれしいです」と話していました。