masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

障害ある猫を家族に 30日、福岡市で譲渡会


2017/9/4 22:009/5 10:15updated
熊本市動物愛護団体「チームにゃわん」が、障害がある猫に限った譲渡会を、30日に福岡市で初めて開く。
今後は熊本県内でも開催予定で、代表の梅崎恵美子さん(48)=熊本市南区=「障害があっても魅力いっぱいの猫たちを家族に迎えて」と呼び掛けている。
同団体は10年ほど前から、県や熊本市の動物愛護センターなどから猫を引き取り、新たな飼い主への橋渡しをしている。
熊本地震以降、引き取りが増えており、2016年は前年の倍の62匹を譲渡した。
現在も預かりボランティア約15人が70匹以上を保護中。
うち半数の猫に、下半身まひや鼻の変形、目が見えないなどの障害がある。
障害があると、健常な猫に比べ譲渡先が決まりにくいという。
状態にもよるが、机に上らずいたずらしないなど、障害のある猫は飼いやすい側面もある。
梅崎さんは「障害がある猫は性格が優しい」と話す。
譲渡会は30日午後1〜3時、福岡市中央区大名のアクシブ天神で開催、14匹が参加する予定。
初回は障害に理解のある飼い主が多い大都市で開くが、今後は県内でも計画する。
個別の譲渡は随時受け付けている。同団体メールnyawan_nyawan@yahoo.co.jp(林田賢一郎)