masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

除雪車到着まで9時間 対応検証

01月13日 10時43分
三条市のJR信越線で、およそ430人が乗った電車が大雪の影響で半日以上動けなくなった問題で、除雪車が現場に到着するまで9時間余りかかっていたことがわかりました。
JRは除雪作業の対応に問題がなかったか、検証することにしています。

11日夜から12日にかけて、三条市のJR信越線では、新潟発長岡行きのおよそ430人が乗った4両編成の普通電車が大雪の影響で動けなくなり、半日以上、線路上で止まったままになりました。
JRは12日の午前0時前に、長岡市内の車両センターから除雪車を出発させましたが、車両センターの構内の除雪に時間がかかり、本線上に出たのは午前1時半すぎだったことがJRへの取材でわかりました。
さらに、部品の交換で作業を中断するなどしたため、車両センターからおよそ15キロ離れた場所にある現場に到着できたのは午前9時半で、出発から9時間余りかかっていたということです。
また、現場周辺の区域はふだんあまり雪が降らないため、今回は深夜だけの除雪の計画とし、電車が立往生した周辺では日中に除雪機を使った除雪作業をしていなかったこともわかりました。
JRは除雪作業の対応に問題がなかったか、検証することにしています。